×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

特設ページ

 ここは例大祭の新刊の特設(?)ページです。長いですが以下スクロールしてどうぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ――それは、触れてはいけない悲しい物語――

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しばらくして視界が開けて行く中心を、私は目を凝らして見つめた。そこには、

 「――誰?」

 初めて見る妖怪の少女の姿があった。

 

 

 

 

 

 「私も……地上に出てもいいって言うの?」

 「もちろんだよ」

 即答するにとりの言葉に、私の心が揺らぎ始める。

 

 

 

 

 

 にとりを、私のようにする訳にはいかない。

 一度経験しながら進歩がなく、同じことを繰り返してしまわない為にも、私が何とかしなければならない。

 ――私は、一つ息を吐くと、気持ちを切り替え、心を閉ざした。

 

 

 新刊一・とある橋姫と河童のお話  著:浅深朝夜 / 絵:サファイ

 文庫サイズ・124ページ・600円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが、私のあるべき姿なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ~~~~~~~

 境界

 ~~~~~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ――二人は似た者同士だった――

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「何言ってるんですか。咲夜さんが私を信用して任せてくれたんですよ? だったら、私だってその期待に応えないと。友達ってそういうものじゃないですか」

 早苗が笑う。

 

 

 

 

 

 「早苗……あなたは、どんな人間なの?」

 寝ている早苗に問いかける。でも、答えが返ってくる訳が――

 

 

 

 

 

 二人の仲は以後もますます深まっていき、傍目にも仲の良さの度合いが相当であることが分かる程だった。

 そんな二人の仲を、快く思わず、警鐘を鳴らす者がいた。

 それは、神奈子とレミリアの二人である。

 

 

 新刊二・手を繋いで…  著:浅深朝夜 / 絵:みずなしP

 文庫サイズ・100ページ・500円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 奇跡は、ときに運命をも凌駕する。