×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

憎らしいほどに忘れられない人

永遠に続くと思われていた日々が、呆気なく終わってしまったのはいつのことだったか――。

「輝夜ぁぁぁぁっ!」
まぁるく綺麗な月が輝く夜の竹林に、怒号が響き渡る。
「素敵よ、妹紅。それでこそ、殺しがいがあるってものだわ!」
それを撥ね返すくらいの気が、竹林を包む。
蓬莱山輝夜と藤原妹紅は、今夜もまた、互いの意地を懸けて戦いを繰り広げていた。
「しねっ!」
妹紅の放つ炎が輝夜を襲う。しかし、炎は輝夜に触れる直前で掻き消えてしまった。
「なっ!?」
「あらあら、残念。こんなこともあろうかと、永琳に頼んでおいたの」
余裕の笑みを浮かべ、輝夜は袖からちらりと符を覗かせた。
「さぁ、今度はこちらの番よ」
手を挙げる輝夜の周囲に弾幕が現れる。それらは輝夜が手を振り下ろすと一斉に妹紅へと襲い掛かった。
「くっ」
身を捻りつつ妹紅はギリギリのところで弾幕をかわしていく。しかし、
「うぐっ、あぁぁぁぁ!」
一つを受けたことでリズムが崩れ、残りを全て喰らってしまう。それでも途切れそうになる意識を保ちその場に留まる。
「無様ね」
妹紅の失態を嘲笑って輝夜が言う。すでにその体勢は第二波の準備に取り掛かっている。
先刻喰らった弾幕で全身からは血が溢れ、身体中が悲鳴を挙げている。

死なない身ではあっても、今の状況は確実に妹紅には不利だ。
「ちっ」
妹紅は、身を翻して竹林の中へと姿をくらました。
「あらら、かくれんぼかしら? いいわ。夜は長いもの、付き合ってあげる」
輝夜は袖で口元を隠すように笑うと、のんびりとした口調で数を数え始めた。

 

妹紅は藪の中でゆっくりと深呼吸をしていた。
怪我の具合も気にはなるが、今は何より落ち着くことが先決だ。
(感情に流されるままじゃ駄目だって覆面の奴も言ってたしな、明鏡止
水明鏡止水っと)
慧音の家で見た本(生徒からの没収品)の内容を思い出し、目を閉じて
集中し、心を研ぎ澄ませていく。
「もうーいーかい?」
輝夜の間延びした声が竹林の中に響き渡る。
その声を聞いて目を開いた妹紅はそこで、自分の身体のある異変に気が
付いた。
(傷が……治らない?)
すぐに治るものでもないが、暫く時間を置けば普段は治り始める傷が、
今日に限っては一向に塞がる気配がなかった。
「どういうこと――」
「妹紅見ーつけた」
背後に輝夜が立っていた。すぐ近くまで来ていたことに気が付かない程
動揺していたようだ。
「見つかった人は罰としてー、しんぢゃえ♪」
輝夜の弾幕が妹紅を襲う。
「ぐあぁぁぁぁぁっ!」
直撃を喰らった妹紅の身体が吹き飛ぶ。意識が薄れてきた。それも、普
段のようなものではなく、気だるくいつもよりも重い感じのもの。
(私は……死ぬ、のか……? ……慧音)
「これで、トドメ!」
うつ伏せで動けない妹紅に容赦なく弾幕の雨が降りしきる。
弾幕の影響で辺りに舞った土煙が晴れると、そこには全身ボロボロの妹
紅が横たわっていた。
「完勝完勝っと♪ 妹紅、最近弱くなったんじゃないかしら? やっぱ
り、あのハクタクのせいねきっと」
妹紅を見下ろしながら、輝夜は満面の笑みを浮かべていた。しかし、声
を掛けるも、妹紅はいくら待っても反応しなかった。
「……なーんだ、気絶しちゃったのね。まぁいっか♪」
輝夜は余裕しゃくしゃくで妹紅の傍へと近寄っていった。妹紅が気絶し
た際の表情を眺めることが、最近勝ち続けている輝夜の楽しみでもあった。
「さーて、お顔拝見っと」
行儀悪く足で妹紅の身体をひっくり返す。妹紅の顔は、身体の傷の割り
には目立ったものはなく、綺麗なものだった。
「……なんだか今日は酷い負け方したくせに安らかね、本当に死んじゃ
ったみたい。……腹立たしいから起こしちゃえ」
ゲシゲシと妹紅の身体を蹴飛ばす。しかし、妹紅の身体はピクリとも動
かないどころか表情一つ変えなかった。
「……え?」
そこで輝夜は違和感に気付いた。
妹紅の傷が癒えていないことに。
彼女が息をしていないことに。
「嘘でしょ……? そんなはず……」
輝夜の停止した思考が、徐々に妹紅の死を理解していく。

――永遠に続くかと思われた日々は、呆気なく終わりを迎えた

輝夜は無意識のうちに永遠亭の玄関の前に来ていた。いつどう帰ってきたかは彼女は覚えていない。輝夜にとって今最も重要なことは、憎むべき相手がいなくなってしまったことだ。
フラフラとした足取りで中へとあがり、自分の部屋を目指して歩く。
道中、ブツブツと何かを呟くが、聞き取れないくらいの声量であるため
、呪詛のを唱えているようにも見える。
「あら、輝夜。おかえりな――」
途中、永琳たちのいる部屋を通り過ぎ、声を掛けられるも反応はなかっ
た。
「……なんか、姫様おかしくなかったですか?」
同じく部屋にいたてゐが永琳に尋ねる。
「……そうね。疲れてるのかもしれないけど、ちょっと心配だ
から、見てくるわ」
永琳は立ち上がると、輝夜の後を追って彼女の部屋へ向かった。
「輝夜、起きてる?」
ノックをしてから声を掛けるが、返事はない。
「入るわよ」
断りを入れてから戸を開ける。部屋は窓から差し込む明かりだけで、ほ
とんど真っ暗な状態だった。その部屋の隅に何故か、輝夜は膝を抱えて座っていた。
「……輝夜?」
輝夜のおかしな様子に気付いた永琳が彼女の傍に近寄る。
輝夜は相変わらず、何かをうわ言の様に呟いていた。
永琳は、その言葉を何とか聞き取ろうと耳を傾ける。
「……も・こ・う。藤原妹紅がどうかしたの?」
永琳の言葉に輝夜がピクリと反応する。ゆっくりと顔を向ける。月明か
りに照らされたその顔は、疲れきったような、やつれたようなひどいものだった。
そんな彼女が、ゆっくりと口を開いた。
「――妹紅は、死んだわ。私が、殺した」
再び彼女は顔を戻すと、俯き、嗚咽を漏らし始めた。
「死んだのよ、妹紅は死んだの。私がこの手で殺して、死んだ。妹紅が
、死んだ、殺した、私が、妹紅が」
そして輝夜は、狂ったように慟哭を始めた。
「か、輝夜、どういう――」
「蓬莱山輝夜ぁぁぁぁぁぁ!」
屋敷の外から、凄まじい怒鳴り声が聞こえてきた。
「今度は何?」
永琳の疑問に答えるように、鈴仙の泣きそうな声が聞こえてくる。
「ししょぉぉぉぉ~」
永琳は輝夜を一瞥してから、廊下に出て鈴仙を呼ぶ。
「鈴仙、何の騒ぎかしら?」
「あ、師匠~……それが、例のハクタクが現れて、姫を出せって……」
「……分かったわ。私が出るから、鈴仙は輝夜を頼むわね」
そう言い残して、永琳は玄関へと向かった。
「……どう言ったご用件かしら? わざわざあなたから尋ねてくるなん
て」
殺気をこれでもかと放っている慧音に向かって、永琳は努めて冷静に尋
ねた。
「お前に用はない。輝夜を出してもらおうか」
覚醒してハクタクとなった慧音は、尚も輝夜を要求した。
お互いに黙り込み、睨み合う両者。その一触即発の状況を終わらせたの
は意外にも、永琳の方だった。
「……いいわ、会わせてあげる。輝夜のあの言葉とあなたの怒りようで
事態はつかめたわ。それなら、あなたと輝夜を会わすのはこちらとしても都合がいいしね」
あっさりと折れて背中を向けた永琳に、慧音は驚いた。
「……どうしたの? 罠なんてないから、安心してもいいわよ」
そう言って微笑むと、永琳はさっさと屋敷の中へと入っていってしまっ
た。
慧音は少し考えてから、永琳の後を追った。
長い廊下を経て、輝夜の部屋にたどり着く。その間、慧音の殺気は玄関
で一度は弱まったものの、目的の場所が近づく毎に強まっていった。
「鈴仙、輝夜、入るわよ」
ノックもなしに戸を開ける。そこには、未だ泣き続けている輝夜と、ど
うしていいかわからずオロオロしている鈴仙がいた。
「あ、ししょ……ひっ!」
永琳を見て安堵したのも束の間、その背後に立つ慧音の姿を見て、更に
パニックになる鈴仙。
そんな鈴仙の様子など気にせずに、永琳と慧音は部屋の中へと入った。
「……どうなっているんだ?」
輝夜を見て慧音は開口一番そう言った。先程までの殺気はやや薄れ、今
は困惑しているようだ。
「そうね、とりあえず説明させてもらうし、こちらとしても色々と
してもらうわ。鈴仙」
「は、はひっ!」
「ご苦労様。ひとまず、外へ行ってもらえるかしら」
「わ、分かりました」
助かったとばかりに鈴仙は表情を明るくすると、すぐにその場を去って
いった。
そして部屋には、嗚咽を漏らす輝夜と立ちすくむ永琳、慧音だけが残さ
れた。
「……さて、早速だけど単刀直入にいくわ。藤原妹紅は死んだのね?」
「……ああ、そうだ」
恨めしそうに慧音が答える。
「そう……だからあなたがここにいて、輝夜がこんな状態なのね。あり
がとう、これで全てがわかったわ」
「どういうことだ?」
一人頷く永琳に、慧音が低い声のまま尋ねる。
「そうね……簡単に説明すると、輝夜はあなたと同じ想いなのよ」
「なん……だと……? そんな馬鹿な! だったらどうして――」
「どうして殺し合うか、でしょ?」
慧音の言葉を引き取って永琳が呟く。慧音は黙ったまま頷いた。
「あなたが思っていた以上に、二人の関係は複雑だったのよ。永い時間
拘束された二人はお互いを憎しみ、殺し合うことで生きる意味・目的を作った。けれど、今その関係が崩れてしまった。今の輝夜は、もぬけの殻同然ってとこね」
「……」
「憎しみと愛情は表裏一体だって知ってるかしら? つまり、輝
夜は藤原妹紅のことを、殺したいと思うと同時に愛してもいたのよ、あなたと同じようにね」
「なっ……!」
慧音は言葉を失った。
(輝夜が妹紅を好きだっただと? そんな馬鹿な……!)
「愛の形はそれぞれあるものよ。だから、藤原妹紅が死んでしまった時
点で、輝夜も死んだも同然なの」
「……」
慧音は永琳の言葉を反芻しながら深く考えた。目の前でうずくまる少女
は確かに殺したい程憎い相手だ。しかし、今の彼女を殺してどうなるか。どのみち妹紅はもう帰ってこない。だが、しかし――。
「……ふぅ。邪魔したな」
慧音は、激しい葛藤の末、ため息を一つ吐いて気を静めると、踵を返し
て部屋を後にした。
「――待って!」
永琳が慧音の後を追ってきた。
「なんだ? まだ何かあるのか?」
気だるげに慧音は振り返った。
「ええ、とても大事なことが一つ。あなたにしかできないことよ」
「?」
「――輝夜を、救って欲しいの」
「……なに?」
慧音は耳を疑った。自分に、にっくき相手を救えだと?
頭に血が上ってきた。もう、相手なんてしていられるか。
慧音は無視して再び歩き始めた。
「虫がいいことは分かってるの! でも、あなたしかいないのよ、お願
い! これで、私たちとあなたたちの関係は最後にするから!」
永琳は、慧音の前に回りこむと、その場で土下座をした。
その行為には、流石の慧音も面食らい、立ち止まってしまった。陰から
覗いていた鈴仙を始めとしたイナバたちも、この状況には大いに困惑した。
「お願い、この通りよ。私にも輝夜が、元通りとはいかないまでも、私には
輝夜が必要なの……お願い……っ」
普段からは想像も出来ないくらい、なりふり構わず懇願する永琳。彼女
もまた、嗚咽を漏らしながら必死に頭を下げ続けた。
「…………分かった。だが、これっきりだ。金輪際私の前に姿を見せる
な。誰一人だ」
「ありがとう……ありがとう……っ」
永琳が落ち着いたところで、再び二人は輝夜の部屋へと戻った。輝夜は
泣き疲れたのか、膝を丸めて横たわりながら寝息をたてていた。
「……おとなしくしていれば、可愛いものだな」
ポツリと慧音が呟いた言葉は永琳には聞こえなかった。
(妹紅……)
慧音は、妹紅を想いつつ、輝夜の傍で片膝をつくと、永琳に言われた通
り、彼女の記憶を造り替えた。

 

「見て見て永琳、上手くできたでしょ?」
時間の概念から切り離された屋敷、永遠亭。藤原妹紅の件からどれくら
い経ったのか、誰もが当時の記憶が霞みつつある頃。無邪気な声が響き渡る。
「どれどれ……まぁ凄いじゃない、輝夜」
蓬莱山輝夜と八意永琳は昔と変わらず、退屈ながら、平和に暮らしてい
た。
輝夜は、慧音の能力で藤原妹紅が存在しないという歴史を送っていた。

そして今、永琳に趣味でも持ったらどうかと言われ、永く取り組んでいる料理の腕前を披露していた。
調理場の机の上には、豪華な料理が所狭しと並んでいた。
「輝夜……いつも言ってるけど、作るのが楽しいのはわかるんだけど、
量を考えて作りなさい」
「えー、いいじゃない。イナバたちだっているんだし。このくらい大丈
夫よ」
「まだ昨日の夜から今朝にかけての残りものがあるんだけど……」
はぁ、と一つため息を吐く。
料理を始めてからというもの、輝夜は以前より――記憶が造り替えられ
る以前――行動的になり、度々調理場を占拠してはその腕前を磨いていった。はじめこそ自分の作る毒薬以上だった料理も、今では一流並となり、連日、永遠亭の台所を預かっていた。
「まぁまぁ、次はちゃんと守るから。ね?」
「その言葉何回目かしら……」
「ふぅ、疲れたーっと。ふふっ、でも何かに打ち込むってのは楽しいも
のね。あの子も、今の私を見たら――あの子?」
後片付けをしていた輝夜の動きが止まる。
「輝夜……?」
「あの子……あの子……誰だったかしら、思い出せない……とても大切
で、とても愛おしくて…………あれ?」
輝夜の頬を、唐突に涙が伝う。次から次へと溢れては、頬を濡らしてい
った。
「あれ、あれれ? 永琳、私何か変になっちゃったんだけど」
「! 輝夜!」
永琳は輝夜の元へと駆け寄り抱きしめる。
「ねぇ、永琳。思い出せないの……誰だったっけ? 私の、大切な人」
永琳は何も言わずに、ただただ輝夜を抱きしめることしかできなかった。

輝夜の涙はそれでも止まらなかったという。